会員専用ページ会員専用ページのご案内
文字の大きさ

ラジオ番組 みんなの健康ラジオ

子宮筋腫

2018年2月8日放送2018年2月15日放送

2018年2月8放送

閉じる

2018年2月15日放送

閉じる

子宮筋腫(子宮腫瘍)(放送内容 資料はこちら

子宮の腫瘍には、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮がん(頸部がん、体がん)、子宮肉腫があります。がんと肉腫は悪性腫瘍に分類されますので、ここではそれ以外の疾患について解説いたします。

子宮筋腫の頻度は高く、90%の人は持っているとも言われています。一部の方に症状があり、さらにその一部に治療が必要な子宮筋腫があります。
子宮筋腫と判別が難しい疾患として、子宮内膜症の類似疾患である、子宮腺筋症という疾患もありますが、診察、検査をしないと判定できません。場合によっては、子宮体がんなどの悪性疾患でも子宮は腫れます。指摘を受けたことがある方は、一度受診をお勧めします。
子宮筋腫は「エストロゲン」という女性ホルモンの影響を受けて増大します。従って、女性ホルモンが盛んに分泌されている成熟女性では、一度子宮筋腫になると、閉経するまで増大します。
子宮筋腫による症状があり、それによる健康障害や日常生活への支障がある場合は、治療の適応となります。子宮筋腫をもっていても、多くの方は症状がほとんどありません(検査で指摘されても症状がなければ問題ないのです)。
子宮筋腫は、出来る場所によって「筋層内筋腫」「漿膜下筋腫」「粘膜下筋腫」に分類されます。

子宮は平滑筋という筋肉で構成されていますから、「筋層内筋腫」ができる頻度がもっとも高くなります。
文字通り子宮の筋肉の中で発育していき、子宮内膜が拡張する程度になると月経量が増加する「過多月経」、またそれによる失血からの貧血などの症状を引き起こすようになります。
「漿膜下筋腫」は子宮の表面を覆っている漿膜という組織直下に出来ます。子宮の外側にむかって発育するため、かなりの大きさになるまで症状が出にくいのが特徴です。お腹の上(頭側)に向かって発育すると、相当大きくなってから「腹部腫瘤感」で自覚されることがあります。子宮のすぐ前に膀胱があり、ここを圧迫するようになると膀胱を刺激するようになるため、頻尿症状がでることがあります。後方に発育すると、直腸を圧迫するようになり、この場合、便秘症状になることがあります。
頻度としては一番少ないのが「粘膜下筋腫」ということになりますが、「筋層内筋腫」が内膜方向に成長して「粘膜下筋腫」と呼ばれるようになることもあります。「粘膜下筋腫」は、月経になる部位=子宮内膜にできる筋腫で、小さくても過多月経症状が強くでて、健康診断の貧血指摘を受け、婦人科を受診される、というケースも多くあります。子宮内膜を圧迫するようなものがあれば、当然妊娠へ影響することになります。妊娠中に子宮筋腫の存在によっておこる産科的合併症(胎位異常、胎盤位置異常、流産早産、分娩後出血の増加など)の出現があるため、妊娠前に大きな子宮筋腫が判明した場合は、筋腫を取り除いた方がよいこともあります。

子宮筋腫の治療方法(放送内容 資料はこちら

子宮筋腫は良性疾患であり、悪性化する可能性はありませんが、術前診断で悪性腫瘍と鑑別していく必要があります。多くの子宮筋腫は症状が乏しいので、経過観察で十分、というケースも多くあります。
では、どのような症例で「積極的な医療介入が必要」となるのか、解説いたします。

最も積極的医療介入が必要になるのは、月経量が多くなる「過多月経」症状による貧血です。
血液中の赤血球が不足することにより、全身が慢性的な酸素不足に陥ることになります。結果として、ちょっと動いただけで動悸がしたり、頭が重い感じになり、集中力が出なくなるなど、様々な症状がでるようになり、放置すると心不全を起こすこともあります。社会生活にも支障を来すので、この場合は治療が必要です。
多くは鉄欠乏性貧血ですので、注射または経口による鉄剤の補充を行います。しかし、これでは根本的原因除去になっているとは言えません。また、ホルモン療法は症例によっては良い方法ではありますが、根本的解決にはならないという側面も持っています。根本的解決方法としては、手術療法がベスト、ということになります。

筋腫のみを取り除く「子宮筋腫核出」、子宮へ到達する方式として、開腹手術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術の3通りがあります。この術式の違いによる術後成績(症状改善や妊娠率への影響)の差は全くありません。どの方法でも、子宮筋腫を取り除くことが出来れば、治療としては完遂したことになります。

次に子宮摘出について解説します。
これも文字通りで、子宮を摘出する方法であり、子宮筋腫でも子宮腺筋症でも「根治術」となります。子宮摘出をするので、術後に子宮疾患になることはありません。
最後にホルモン療法から手術療法まで説明いたしましたが、大きさ、部位、症状、患者さんの生活背景、社会背景によって、治療方針は変わってきます。

みんなの健康ラジオ 放送一覧へ戻る