資料請求

在校生からのメッセージ

宮本 愛美 さん

宮本 愛美 さん

横浜市医師会看護専門学校 看護学科

私は社会人を経て看護師を目指したため、入学直後は久しぶりの学生生活に戸惑いました。
しかし本校は様々な年齢の方がいるので、すぐに慣れることが出来ました。また、価値観の違いが学びに大きく影響し、看護師として重要な、多角的に見る視点が育まれました。

学習面で困難な時や技術面で不安がある時は、親身に指導し助けてくれる先生方のおかげで1つずつ成長することができます。実習においては、実習期間を通してグループメンバーと助け合うことで、苦しい時でも楽しく学ぶことができます。何より患者様と接することは、未熟な自分でも役に立てる事を実感し、成長を感じると共に更なる学びとなっています。

仲間との励み、先生方からのサポート、そして訓えを胸に、私はどんな辛いことがあっても、自信を持って歩むよう努めています。そんな素晴らしい出会いのある本校で看護師を目指せることは、私にとってかけがえのない財産になっています。

これから看護師を目指す皆さん、本校で学び、あなたの大切なものを見付けてみませんか。

青木 彩花 さん

青木 彩花 さん

横浜市医師会保土谷看護専門学校 第二看護学科

二科の特徴は、授業が午後からのカリキュラムなので、午前中の時間を学生それぞれが効果的に活用できることです。その特徴を生かして現役生や社会人経験者、子育て中の人など、様々な背景の人たちが、同じ夢を持った仲間としてお互いの良さを引き出しあい、支え合いながら一緒に学んでいます。
午前中は自己学習や家事、あるいは仕事へ行くなど、それぞれが時間を活用しながら学校へ通っています。

私は現在、子育てをしながら看護助手として働き、看護学校へ通っています。
午前中に仕事がない日には、朝ゆっくりと子どもを送り出し、家事も済ませてから学校へ行き、午後の授業に集中することができています。
子育てや仕事をしながらの学生生活は、実習や勉強に追われてくじけそうになることもありますが、やり遂げた時の達成感は言葉にできないほど感激的です。悩んだり困った時は、クラスの仲間と支え合ったり、先生方から適切なサポートを得て成長につなげています。

年齢や生活背景は様々でも、生活を工夫しながら看護の勉強をすることができる、この第二看護学科で夢に向かって一緒に頑張りましょう!

卒業生からのメッセージ

返田 亜友美 さん

返田 亜友美 さん

横浜市医師会保土谷看護専門学校 第二看護学科卒業生
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院勤務

看護師になり11年目を迎えました。
学生時代、脳外科病棟で看護助手を行っていたのをきっかけに脳外科疾患に興味を持ち、脳外科病棟を希望し配属されました。
患者様の多くは機能障害があり介助を要することが多く、思うように身体が動かないことで苛立ってしまう患者様も多くいました。患者様が良くなるためにはどのような看護介入が必要なのか、より専門的にアセスメントが行え、看護介入、スタッフへの教育が行えるよう認定看護師を志し、現在脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として活動しています。

学生時代より大切にしている「個別性をふまえた看護」を、学んできた知識や技術をもとに認定看護師として実践し、スタッフへ教育していきたいと考えています。

山下 恵子 さん

山下 恵子 さん

横浜市医師会保土谷看護専門学校 第一看護学科卒業生
済生会横浜市南部病院勤務

29期生として入学し先生方やクラスメイトに支えてもらいながら、日々充実した生活を送れていました。
実習では、患者様との関わりで嬉しかったことも看護の難しさも経験しました。
そのときの実習指導者が患者様にとってどのような看護が必要なのか一緒に考え、学びを深めて下さいました。そのことがきっかけとなり、実習病院である南部病院に就職を決めました。

実際に看護師として働き始め、入院や手術を終えた患者様の看護や退院が多く、忙しい日々を送っていますが、患者様の笑顔を見るとやりがいを感じられます。
患者様に寄り添い、個別性のある看護ができるように日々努力しています。

看護をしていて、看護師になって良かったと思う事が多いです。
学生生活大変なことも多いと思いますが、一緒に働ける日を楽しみにしています。