会員専用ページ会員専用ページのご案内
文字の大きさ

横浜市医師会について

ご挨拶


横浜市医師会
会長 水野 恭一
(2017年6月 
第24代会長就任)

横浜市医師会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

横浜市医師会は市内18の区医師会会員と横浜市立大学の大学区医師会員から構成され、その数は3,800名を超え全国の郡市医師会としては有数の規模です。平成25年4月から新しい公益法人制度下において「一般社団法人」となり、会員一同新たな気持ちで日々の診療に取り組んでおります。

さて、本会が運営する桜木町・北部・南西部の3つの夜間急病センター、18区医師会が運営している各区休日急患診療所は、地域の皆様の休日・夜間一次救急診療を担い、各種検診・予防接種・健康づくりなども含め、市民の皆様の健康と福祉を守るために日夜尽力しております。

さらに市民の皆様に医療機関情報をご提供する「地域医療連携センター」の運営、地域医療を担う看護師を養成する看護専門学校2校(菊名校・保土谷校)の運営(平成30年4月、2校が統合し聖灯看護専門学校開校予定)、学校医・保育園医の選任、会員に対する生涯教育研修、超高齢社会を見据えた在宅医療、災害時には横浜市行政との協定に基づいて災害時医療を担う等々事業は多岐にわたり、地域の医療を守り、さらなる充実を目指し邁進しております。

市民の皆様には、市民広報誌「みんなの健康」、ラジオ放送「みんなの健康ラジオ」、各科医会と連携しての市民公開講座等により健康情報の発信を行っておりますので、是非ともご利用いただきたいと思います。

このホームページが市民の皆様の健康維持増進のお役に立つことができれば幸いです。また、より良いホームページとするため、ご意見・ご要望をお寄せいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

概要

横浜市医師会 建物

横浜市医師会は、横浜市内の医師約3,800名を会員とする一般社団法人で、公益社団法人日本医師会、公益社団法人神奈川県医師会の傘下に、市内18区医師会および大学区医師会(公立大学法人横浜市立大学)により組織された医療の学術専門団体であり、市民の医療・保健・福祉の充実、向上に寄与すべく各種事業を行っております。

平成9年11月には都筑区に横浜市北部夜間急病センターを、平成12年12月には泉区に横浜市南西部夜間急病センターをそれぞれ開設しており、平成22年4月には中区桜木町の夜間急病センターの運営委託を受け、各区医師会が運営する休日急患診療所とあわせ、地域住民の休日・夜間一次救急診療を担っています。また、市民の皆様に医療機関情報を提供する地域医療連携センターや看護師を養成する看護専門学校(菊名校・保土谷校)の運営に努めております。

市民広報、啓発活動としては、市民広報誌「みんなの健康」の発行、ラジオ日本「みんなの健康ラジオ」の放送、各科医会と連携しての市民公開講座などにより健康情報を発信しております。
その他、各種健診・がん検診・予防接種、学校医・保育園医の選任、会員の生涯研修等さまざまな活動を実施しており、さらには横浜市と協定を結んで、災害時医療も担うことになっております。

事業内容

横浜市医師会が行っている事業についてご紹介いたします。

予防接種事業

ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・二種混合・BCG・MR・水痘・日本脳炎・子宮頸がん予防・高齢者インフルエンザ・成人用肺炎球菌等の横浜市予防接種事業に協力しております。

健診事業

乳幼児健康診査・妊婦健康診査・横浜市健康診査・肝炎ウイルス検査・前立腺特異抗体(PSA)検査・特定健康診査に協力しております。

広報事業

・市民広報誌「みんなの健康」
各科の専門医による病気や諸症状の解説、超高齢社会に即応した取材記事の連載など、多彩な内容を盛り込んでおります。医療機関や市内の区役所・地区センター等の公共施設にて無料配布しておりますのでご覧ください。 

地域医療連携センター事業

かかりつけ医やご近所の医療機関をご紹介しております。

医療機関連携推進事業

医療機関相互の連携を図ることにより、市民の皆様がより良い医療を受けられる体制づくりをしております。

救急医療事業

休日急患診療所、夜間急病センター等を行政と協力して、市民の皆様が安心して暮らせるよう整備・運営を行っております。
また、災害が起きた時にすぐに対応出来るように災害時救急医療体制づくりも行っております。

介護保険事業

医師の意見書等介護保険に係る事柄についての対応や協力を行っております。

訪問看護ステーション・ヘルパーステーション事業

各区医師会立の訪問看護ステーション・ヘルパーステーションによる介護保険関連事業等の体制づくりを行っております。

看護要員養成事業

横浜市医師会看護専門学校・横浜市医師会保土谷看護専門学校を運営し、看護要員の養成を行っております。

産業医事業

従業員50人以上の企業に対して産業医の選任が義務付けられており、本会では日本医師会認定産業医の認定を持っている医師を企業のご希望によりご紹介しております。

学校医事業

横浜市教育委員会と協力し市内の各市立学校に学校医を配置し、児童・生徒の健診等を行い、健康管理を行っております。

保育園医事業

横浜市こども青少年局と協力し、市内の各市立保育園等に保育園医を配置し、園児の健診等を行い、健康管理を行っております。