資料請求

令和元年度 学校運営評価

自己評価並びに関係者による学校運営評価を次のとおり公表し教育の質の向上に取り組んで参ります。

Ⅰ「教育理念・目的・育成人材像」

建学の精神「和顔愛語・知目行足」を礎に教職員一丸となり学校運営に取り組みました。
今後も社会ニーズを踏まえ学校の将来構想について検討して参ります。

Ⅱ「学校運営」

管理会議や教務会議を定期的に開催し迅速かつ適切に各種課題について協議し対応しましたが、次年度は決定事項をより速やかに伝達するよう努力します。また、本校の目的である卒業生の横浜市内医療機関への就職も概ね達成できました。

Ⅲ「教育活動」

看護師国家試験合格率は全国平均を上回ることができましたが、さらなる合格率向上に向け低学年からの指導に力を入れて参ります。

Ⅳ「学修成果」

卒業率の低さが課題となっています。個々の学力に応じた指導など指導方法の見直しに取り組んで参ります。また、入学前教育の結果を入学後の学習指導に活用して参ります。

Ⅴ「学生支援」

専門カウンセラーによる相談を定期的に行いました。また、経済的支援として学校独自の修学資金制度や特待生制度を設け支援しています。

Ⅵ「教育環境」

十分な教材教具が備わっています。今後も更なる環境整備に努めて参ります。

Ⅶ「学生の受け入れ募集」

志願者数増加の取組が課題となっております。広報活動や受験機会を増やすなど対策を講じて参ります。

Ⅷ「財務」

校舎の長期修繕計画に基づいた資金の確保が課題となっておりましたが、次年度からは積立金の確保に目途がついております。

Ⅸ「法令等の遵守」

学則を始め各種規程の整備を行い公正公平な学校運営に取り組んでいます。また、倫理委員会では教育研究に関する審査を行っています。

Ⅹ「社会貢献・地域貢献等」

地域との災害時の施設提供の協定を締結しました。学生は地域の防災訓練への参加や清掃活動などを行っています。今後も積極的に継続して参ります。